不倫サイトでクレカを使うと請求名はどうなる?悪質サイトの特徴は?


不倫サイトは安心して利用できる?

不倫サイトは、不倫相手を探すのに適した出会い系サイトのことです。アシュレイ・マディソンなどが有名ですね。しかし、それらの不倫サイトは、果たして安心して利用できるのでしょうか。クレジットカードで決済をしたとき、その請求名はどうなるのでしょうか。悪質なサイトも存在するのでしょうか。この記事ではそれらの事柄について解説したいと思います。

まず、クレジットカードでそのサイトのポイントを購入した場合、請求名はそのサイトと全く関係のないものとなる可能性が高いです。これはサイトによって異なりますので、あなたの利用しているサイトのQ&Aを見たり、問い合わせをしたりして確認してください。もしかするとサイト名をそのまま使って請求してくるところもあるかもしれませんので。明細をパートナーに見られたら大変なことになります。

しかし最近の不倫サイトは、請求名を工夫してくれることが多いですね。あまり心配することもないのかなと思います。ただし、不倫サイトのカード会社への請求は、まったく内容のわからない名称になっていることもありますので、その点はご注意ください。これなんの支払い? なんて訊かれてしまうかもしれません。明細を見られてしまう可能性が少しでもあるなら、振り込みなどで課金するとよいでしょう。

悪質なサイトも存在する?

そしてもうひとつ、注意していただきたいことは、不倫サイトには悪質サイトも存在するということです。悪質サイトというのは、高額な料金を取っていたり、サクラを使っていたり、迷惑メールを大量に送りつけたりと、色々な悪事を働いています。ときに利用者の連絡先を架空請求の送り先に使ったりすることもあるようです。そのようなサイトには絶対に登録しないようにしてください。

ポイントとしては、登録前にそのサイトの利用規約や料金表を見ることですね。そうすればそのサイトが悪質かどうかは簡単に見極められます。利用規約で見るべき点は、禁止行為の欄に「出会い・異性交際を目的とした行為」と書いていないかどうか、免責などの項に「当社スタッフが会員様のお相手をさせて頂く」などと書いていないかどうかです。

料金については、メールあるいはチャットの送信の料金が1通100円以上となっているサイトはすべて悪質ですので、登録しないでください。ただしアシュレイ・マディソンのような海外サイトの場合は別です。あくまでも日本の不倫サイトに限った話と考えてください。

メールの料金だけでは判断できないという場合は、画像送信や閲覧の料金と、連絡先交換が有料となっていないかどうかを見ましょう。悪質サイトは画像送信・閲覧の料金がメールよりも高く、連絡先交換も有料であることが多いです。登録前に確認してみてください。

Author: rDvfacgcPy