悪質アプリの驚愕手口!出会い系と出会系、出会いと出合いの違いとは


出会い系と出会系の違い

みなさんは、Playストアなどで「出会いアプリ」と検索してみたことがありますか? おそらくこの記事を読まれている方は一度くらいはそうしたことがあると思います。そのときに、何か面白そうな、異性と会えそうなアプリは見つかったでしょうか。もしそういうのを見つかれば、あなたはそのアプリのダウンロードページを開いてみることでしょう。そこに、「出会系」文字を見かけなかったでしょうか。

みなさんはこの「出会系」が、概念的に「出会い系」とどんなふうに違うのか、説明できますか? たぶんできないと思います。それが当たり前です。つまり普通の人は、出会系も出会い系も同じだろうと考えるわけです。しかし注意してください。悪質な出会いアプリにとっては、「出会系」は「出会系」であって、「出会い系」とは違うのです。

通常、出会い系=異性紹介事業を運営するには、役所への届出が必要となります。しかし悪質アプリというのは、そもそも出会いを提供するために作られたものではないため(悪質アプリ=サクラに男性とメールをさせ金を巻き上げるもの)、そのような届出は行わないのです。届出をしていない以上、自身のサイトやアプリのことを「出会い系」というと嘘になってしまうわけですね。そこで悪質アプリは「出会系」という言葉を使うのです。

それにはどういった意味があるのか。先ほど、普通の人は「出会い系」と「出会系」は同じものと考える、と言いました。つまりそういう普通の人々が、悪質アプリのことを本当に出会い系だと思って登録してしまう、という状況が生まれるのです。悪質アプリは、自らのアプリを出会い系であるかのように見せかけるために、「出会系」という言葉を使っているんですね。

彼らの理屈は、単に「い」が抜けているから「出会い系」とは違うのだ、というものです。まったくアホの極みですが、そういう屁理屈を平気で言ってのけるのが悪質アプリなのです。それは厳密には嘘とは言えませんが、利用者を騙そう、勘違いさせてやれという意図があることは明白で、それが問題なんですよね。そんなことをする会社のアプリが、まともなわけがありません。

出合い、出逢い、出あい

このほかにも悪質アプリは、うちは出会い系ではないとあとで言い訳するためでしょう、「出会いを探せる」などといった文章の「出会い」の部分を、「出合い」とか「出逢い」とか「出あい」といった単語に置き換えていることがほとんどです。そのアプリのダウンロードページを見て、言葉に不審な点があれば、そこは悪質アプリなので、登録しないほうがいいですね。

さらに詳しく書かれた関連記事【人妻出会いアプリ】

Author: rDvfacgcPy