素敵な出会いが実現できるわけではありません


優良な出会い系サイトを利用しているからといって、素敵な出会いが実現できるわけではありません。このことはぜひ、出会い系サイトを利用し始める前に知っておいてもらいたいです。
もちろん、男女の出会いを求める人たちにとって、出会い系サイトというものは非常に便利なものです。
これは本当に間違いありません、昔は、出会い系サイトというものについて反感を持つ(というか、本当に素敵な出会いを実現できるのかどうかわからず、信用できないと考える)人の数が今よりもずっと多かったように思われるのですが、昔に比べれば、出会い系サイトというものを利用して出会いを求める人の数がずっと増えて、環境もよくなったというふうに言われています。
やっぱり、出会い系サイトを利用する人が増えれば、素敵な出会いを実現できる可能性もずっと大きくなりますよね。

なんで出会いを求める際に出会い系サイトを利用する人が増えたのかっていうと、結局はこれが一番効率のいい出会いの求め方だというふうに考える人が増えたからなんですよ。
現代人はとにかく仕事に追われていて、ゆっくりと出会いを求める時間というのがないんです。
さらに、一昔前みたいに「とりあえず結婚をすることが幸せのステータスである」というような価値観はだんだんと無くなりつつあるんですよね。
だから、男女の出会いを求める人は相変わらずたくさんいるんだけれども、それでも、昔みたいにがむしゃらに出会いを求める人は減ったように思いますね。
昔は、何歳までに素敵な人を見つけて結婚できなければ自分の人生は終わりだというくらいに自分を追い込んで、ちょっと無理をしてでも結婚相手を探していた人がいるくらいですが、今の時代では正直、そこまで深刻に結婚というものを思い詰めて考えている人はいないと思います( コチラの記事もご参照ください)。

もちろん、結婚をしたいとか子供がほしいと考える人は、男女ともにたくさんいるんですよ。
そのことは、出会い系サイトを実際に利用してみてもよくわかります。
でも、結婚や子育てをすることだけが幸せのステータスではなくて、個人の考え方にもいろいろと違が出てきて、幸せになる方法はほかにいくらでもあるというふうに考えられるようになると、そう簡単に結婚などを決断する人が少なくなったのも事実です。

結婚するんだったら、自分なりの目標を達成してからとか、結婚したらこれまでの生活の自由がなくなるのが嫌だとか言ってためらっているうちに、結局は自分にとって素敵な出会いのチャンスを逃してしまうという人が多いんですよ。
恋愛はいくつになってからもできるといいますし、それは確かにある程度事実なのだとは思いますが、それでも、若いころに経験できる恋愛の種類と、ある程度年を重ねてから経験できる恋愛の種類は違うのだろうなというふうに考えます。

当たり前のことなのかもしれませんが、人間はみんな幸せになりたいと思っているので、特に恋愛のこととかに関しては、わがままになってしまうんですよ。
自分では、出会いのために異性に求める基準について、全然高望みをしているつもりなんかなくても、他の人の目から見ればものすごい高望みであるということはよくあります。

どうして出会い系サイトを利用しても素敵な出会いを実現できないのかといえば、結局は出会い系サイトを利用している会員がみんな高望みするからなのだと私は思いますね。
高望みをしてはいけないということはよく言われますし、おそらく出会い系サイトを利用している人ならみんなそれくらいのことはわかっているはずなんですが、それでも高望みをしてしまうものなのです。

出会い系サイトを利用している人たちがみんな高望みをするからこそ、出会いのミスマッチというものが起こるんですよ。
出会いのミスマッチというのは、例えば出会い系サイトを利用して知り合った男女が、性格が合わないとか趣味が合わないとか、そういう理由でどうしても相性が合わない場合についても使う言葉なのですが、ミスマッチってそんな単純な問題だけではないんですよね。

出会い系サイトを利用しているとよくわかるのですが、ある男女がお互いに間違いなく愛し合っているのに、それでもお付き合いをすることができないという状況が出てくるものなのです。
私自身も、出会い系サイトを利用し始めてから結構長い時間がたっていますが、お互いに愛し合っているのに、どうしてもお互いが望むような形でお付き合いを続けることができなかったというタイプの出会いを経験したことがあります。

私は半年くらい前に、出会い系サイトを利用してある女性と知り合ったのです。
相手の女性は実は人妻だったのですが、彼女と知り合ってからしばらくは、私はそのことを知りませんでした。
その人妻にしても、もし可能であれば最後まで隠し通しておこうと考えていたそうです。
自分が人妻であるということを隠したいと思うくらい、彼女は私との出会いを真剣に考えてくれていたのだと考えることもできますが、それでも私は、彼女が人妻であるという事実は、できればもう少し早く聞かせてほしかったなと思うのです。

結局彼女とは関係がうまくいかなかったのですが、それは、お互いに相手のことが嫌いになったからというわけではありません。
私のほうは独身でしたが、やはり彼女は家庭を持つ身だったので、家族に隠したままで私との出会いを重ねるのが難しくなったというのが、関係がうまくいかなくなった最大の原因です。
出会い系サイトを利用していれば、いくらでも聞くようなありふれた話なので、簡単にそういうシチュエーションをイメージすることはできるのですが、まさか私自身が出会い系サイトを利用してそういう経験をすることになるとは思いませんでした。

彼女が私との付き合いを続けるためには、夫と離婚するしかなかったのです。
彼女と夫との関係はうまくいっていなかったようなので(だからこそ彼女は出会い系サイトを利用し、私と不倫をするようなことになったのですが)いっそ離婚してあなたと関係を一からやり直したい……という話まで聞いていたのですが、残念ながら現実はそれほど甘くなかったのです。

私は正直なところ、早く彼女と旦那が離婚してくれたらいいのに、と考えたことは何回もありました。
けれども心のどこかでは、そんなことはどうせ実現するわけがないだろうというふうにあきらめてもいました。
実際、彼女と旦那さんが離婚することはありませんでした。
経済的な事情とか、あるいは家庭の事情とか、いくら関係が悪くても簡単には別れられないという場合はいくらでもあるのだと思います。
自分とは関係のない夫婦が分かれてくれることをひたすら願うというのは、ものすごく罰当たりなことだとは思うのですが。

ちょっとやっぱり個人的な事情なので、彼女との出会いがうまくいかなかったことを出会い系サイトのせいにするのはおかしいのかもしれませんが、私にとっては彼女との経験が、結局は出会い系サイトを利用しても、かならずしも素敵な出会いを実現できるわけではないのだなということを思い知る経験になりました。

ただこれは、出会い系サイトを利用しているかどうかの問題ではないですよね、あくまで人間関係の問題なので。

Author: rDvfacgcPy